~再生医療におけるES/iPS細胞応用の最前線~


Ⅰ.【概 要】

ヒトの多能性幹細胞(ES/iPS細胞)が報告されてから、再生医療への利用が期待されてきました。ES/iPS細胞を用いた再生医療は挑戦的な分野であり、克服する課題もまだ多い状況ではありますが、確実に実用化に近づいてきています。そこで、本セミナーでは、第一線で活躍されている京都大学の末盛先生、大阪大学の嶽北先生、京都大学の髙橋先生をお招きして、再生医療におけるES/iPS細胞応用の最前線をお話いただくこととなりました。さらに、当社と協業しておりますGenAhead Bio社からは、代表取締役の周郷様から、ゲノム編集技術の利用法に関して紹介していただきます。

 

Ⅱ.【日 時】

2019年1月23日(水)13:00~
※ 受付開始:12:30~
※ 講演:13:00~17:15
※ 懇親会:17:30~19:00 (お食事をご用意しております)

 

Ⅲ.【参加費】

無料

新横浜ミネタビル

 

Ⅳ.【会 場】

スタンダード会議室 新横浜店(右図) (新横浜駅より徒歩5分)
〒222-0033
横浜市港北区新横浜2-3-19
新横浜ミネタビル6階

 

Ⅴ.【演 者】

 ●末盛 博文 先生 京都大学 ウイルス・再生医科学研究所
演題:企業でのES細胞の活用法
 ●嶽北 和宏 先生 大阪大学大学院 医学系研究科
演題:再生医療薬事開発概論
 ●髙橋 淳 先生 京都大学 iPS細胞研究所
演題:iPS細胞を用いたパーキンソン病治療
 ●周郷 司 氏 株式会社 GenAhead Bio
演題:ES/iPS細胞でのゲノム編集の利用法  

Ⅵ.【問い合わせ】

TEL:045-475-3887
株式会社リプロセル 営業・マーケティング部 担当:唐澤

 

Ⅶ.【申込先】

お問い合わせフォームにて「講習会」を選択し、必要事項をご記入の上、事前の申し込みをお願い申し上げます。
※定員数になり次第、締め切らせていただく場合がございます。