臓器移植後における抗HLA抗体検査保険収載とお手続きに関するお知らせ


当該検査を保険収載で実施する場合の施設基準が一般社団法人日本移植学会から通知されました。
http://www.asas.or.jp/jst/news/20180322.html
これによると、外注先として満たす必要のある事項としては「関係学会による指針を遵守し検査を実施していることが公表されている衛生検査所」と記載されておりますが当社臨床検査室は下記の通り施設基準を満たしていることをご報告させていただきます。

― 施設基準 ―
  • 当社臨床検査室は該当検査(抗HLA抗体検査)で必要な業務内容の血清学的検査血清学検査を実施する施設
  • として衛生検査所登録されている。(登録番号8033号)
  • 当社臨床検査室は関係学会の日本組織適合性学会QCWS参考プロトコルに基づいて検査を実施し毎年開催 されるQCWSに参加し精度管理に努めている。

参加証明(別紙1):第20回HLA-QCワークショップレポート16ページ
http://www.asas.or.jp/jst/news/doc/info_20180323_1.pdf

抗HLA抗体保険収載における届出についてですが、平成30年4月1日から算定を行うためには平成30年4月16日(月曜日)(必着)までに各保険医療機関等の所在地を所轄する地方厚生(支)局へ届出が必要となっております。ご施設様は本紙と参加証明(別紙1)を添付し当社URL(https://reprocell.co.jp/hla )を記載して届出をお願い申し上げます。
尚、ご不明点、追加で資料等必要な場合はご気軽にお問合せフォームよりご連絡ください。