MatriMix (511)

製品概要

MatriMixシリーズは、生体内に近い環境での細胞培養を目指して開発した3次元培養基材製品です。構成成分は、コラーゲンとラミニンE8断片、ヒアルロン酸の3種類です。
細胞培養における足場材は、細胞の増殖や運動、形態などに影響を与える欠かせない存在です。細胞は、培養環境である足場材の種類や固さなどを認識します。通常のプラスチック容器上で2次元培養したときの細胞挙動は、必ずしも生体内の性質を反映していないことも多く、近年3次元培養技術が着目されています。

MatriMix パッケージ

MatriMix 模式図

類似製品との比較

特長MatriMix基底膜成分
(マウス腫瘍抽出物)
合成ポリマーベース製品
生体内を模倣した組織化誘導
間質誘導に難
×
基材選択バリエーション
ゲル強度のコントロール
××
基材選択バリエーション××
構成材料の明確さ×
成長因子の含有不含含有不含
細胞外マトリックスの模倣×
透明性×
がんオルガノイドでの間質誘導××
臓器オルガノイドでの細胞分化誘導×

臓器オルガノイド形成

マウス発生期臓器由来細胞をMatriMixを用いて3次元培養しました。細胞の集合組織化が観察されました。(培養7日目)

腎臓

赤:PECAM-1(血管)
緑:Prodocalyxin
(糸球体上皮細胞)
青:DAPI(核)

赤:Type IV collagen
緑:CDX2(成熟腸細胞)
青:DAPI(核)

肝(血管)

赤:PECAM-1(血管)

青:DAPI(核)

肝(肝実質&胆管)

赤:Albumin(肝実質)
緑:CK19(胆管)
青:DAPI(核)

ヒト患者由来大腸がんオルガノイド形成

ヒト患者由来大腸がん細胞を8日間、MatriMixまたは基底膜成分(マウス腫瘍抽出物)で3次元培養しました。MatriMixで形成されるオルガノイドは、VimentinとCEA両陽性であり、浸潤転移能を有した細胞集団形成が観察されました(左側2枚)。マウス腫瘍抽出物で培養したオルガノイドでは、Vimentin陰性、CEA陽性の細胞集団となりました(右側2枚)。
赤:CEA(大腸がんマーカー)、緑:Vimentin、青:DAPI

MatriMix
(低倍率画像)

MatriMix
(高倍率画像)

マウス腫瘍抽出物
(低倍率画像)

マウス腫瘍抽出物
(高倍率画像)

ヒト患者由来大腸がん細胞のマウス移植モデル

MatriMixを用いて作製したヒト患者由来大腸がん細胞のスフェロイドを免疫不全マウスに移植して、PDSX (Patieint-derived spheroid xenograft)モデルマウスを作製しました(左図)。腫瘍組織切片の解析によって、腫瘍には大腸がんマーカー(CEA)陽性の細胞集団が多数観察されることと脈管侵襲が生じていることが分かりました(中図、右図(赤:CEA(大腸がんマーカー)、緑:Type I collagen、青:Type IV collagen))。

PDSXモデルマウス

マッソントリクローム染色

免疫染色

製品ラインアップ

品番製品名希望小売価格(税抜)
NP899-001MatriMix (511)¥25,000
NP899-099MatriMix customizeお問い合わせ下さい
※本製品は、研究用試薬です。

※ニッピ社のMatriMixサイトはこちら